人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都市上京区にあるメイプル動物病院のブログです。当院からのニュースやお知らせをブログで発信します。公式サイト:http://www.maple-hospital.com/
by maple-hospital
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
歯科
骨折
膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂
股関節疾患
椎間板ヘルニア
関節疾患
腫瘍外科 軟部外科
眼科
皮膚科
学会、セミナー、海外研修
未分類
以前の記事
2021年 02月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 04月
2020年 02月
2019年 07月
2019年 06月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
パテラ 膝蓋骨脱臼
at 2021-02-06 23:23
骨折の整復手術 脛骨骨折・腓..
at 2020-10-03 22:36
骨折の整復手術 脛骨遠位成長..
at 2020-09-06 22:37
当院の新型コロナウィルスに対..
at 2020-04-26 00:08
骨折手術(癒合不全、変形癒合..
at 2020-02-23 22:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
当院の新型コロナウィルスに対する取り組みについて
メイプル動物病院では様々な新型コロナ対策を実施しており皆様に安心してご来院いただけるよう対策を行っております。

1.獣医師および動物看護師は全員マスク着用しております。獣医師はフェースガードや防護メガネをさせていただいている場合があります。

2.換気を定期的に実施しております。待合室ではリードをしっかり持ち、ケージに入れるなど逃走防止をお願いしたいと思います。

 換気は常時できるように特殊な網戸を設置して逃走予防および常時換気ができるように心掛けしております。

 また換気が24時間可能な冷房・暖房空調システムとしてダイキン製の最上位機種であるうるさらXを処置室と手術室に設置しております。



当院の新型コロナウィルスに対する取り組みについて_b0350282_22481213.png

 

3.待合室イスやソファやドアノブ等はアルコール消毒、次亜塩素酸水(AP水)等で1日2回以上消毒・清掃しております。

4.待合室には空間消毒できるジアイーノをまた診察室には医療用で紫外線で殺菌、HEPAフィルター完備の空気清浄機を24時間
 稼働させております。
当院の新型コロナウィルスに対する取り組みについて_b0350282_22393079.jpg

当院の新型コロナウィルスに対する取り組みについて_b0350282_22385663.jpg




5.お車でご来院の方は待合室でお待ちいただかず車で待機していただきじ順番が来ましたらお電話させていただくことも可能です。  


当院の新型コロナウィルスに対する取り組みについて_b0350282_22403223.jpg
6.病院玄関前には晴れた日にはイスを3脚置いておりますので外で待っていただくことも可能です。

当院の新型コロナウィルスに対する取り組みについて_b0350282_22404904.jpg


7.来院には必ずマスクの着用をお願いいたします。もしマスクがない場合はスタッフにご相談ください。また受付に手指消毒液がありますので手の消毒お願いいたします

当院の新型コロナウィルスに対する取り組みについて_b0350282_22402394.jpg
8.受付にはビニールカーテンを吊るしており飛沫防止しています。

   3密にならないよう皆様のご協力をお願いいたします。


新型コロナの話ばかりなので当院での最近の整形外科手術の傾向

前十字靭帯断裂手術や膝蓋骨脱臼の手術が毎週ありますが小型から中型犬が多いので前十字靭帯断裂には原点回帰ではないですがLFS変法(
Lateral suture anchor法)をswive lock等を使って治療することが最近多いです。
TPLOもうまくいけばいいですが手術侵襲が大きくも合併症が出た場合重篤になるときもあるため、LSS変法、15kg以上の体重がある犬にはTTAが当院での前十字靭帯断裂手術のメインをしております。

    Swivelockを使ったLFS変法による前十字靭帯断裂及びPatella Lux手術
当院の新型コロナウィルスに対する取り組みについて_b0350282_23584060.png
当院の新型コロナウィルスに対する取り組みについて_b0350282_23355137.jpg


当院の新型コロナウィルスに対する取り組みについて_b0350282_23360143.jpg


by maple-hospital | 2020-04-26 00:08 | 学会、セミナー、海外研修
<< 骨折の整復手術 脛骨遠位成長板... 骨折手術(癒合不全、変形癒合か... >>