人気ブログランキング |

京都市上京区にあるメイプル動物病院のブログです。当院からのニュースやお知らせをブログで発信します。公式サイト:http://www.maple-hospital.com/
by maple-hospital
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
歯科
骨折
膝蓋骨脱臼
前十字靭帯断裂
股関節疾患
椎間板ヘルニア
関節疾患
腫瘍外科 軟部外科
眼科
皮膚科
学会、セミナー、海外研修
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
お盆期間中の診察について
at 2019-08-09 19:44
両側の前十字靭帯断裂に対して..
at 2019-07-05 21:21
脛骨の内旋を伴った左右両側膝..
at 2019-06-28 22:43
骨折整復手術
at 2018-10-31 22:08
肩関節脱臼
at 2018-10-31 21:59
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:前十字靭帯断裂( 2 )
両側の前十字靭帯断裂に対してTTA手術を行い良好な回復が得れました。
中型犬の前十字靭帯断裂の症例に今回はTTAを行いました。
手術前
b0350282_20594152.jpg
                                   手術後


b0350282_20591281.jpg

b0350282_20592810.jpg
3か月後反対側の後肢も前十字靭帯断裂を発症したためTTA手術を行いました。



b0350282_20582590.jpg



b0350282_20584461.jpg
手術後まもなく回復いたしました。


TTA手術は従来の手術法に比べ回復が非常に早く中型犬以上の前十字靭帯断裂には当院ではこの手術法を採用しています。
TPLO手術は同様に回復が早いですが、手術侵襲が大きく合併症がでた場合非常にこまる場合があるのでTTAが最良と考えています。

小型犬や猫に対してはスーチャーアンカー(smith&nephew)を使ったラテラルスーチャー法、Swivelock,タイトロープ法などで
前十字靭帯断裂手術を行っています。中型から大型犬でもTTAやTPLOのように骨切りを希望されない場合Swivelockやタイトロープ法
で対応いたします。



前十字靭帯断裂でお困りのときは当院へ受診してください。



前十字靭帯断裂と診断され当院を受診を検討される方へ(飼い主様へ)

当院では手術の相談やセカンドオピニオン等受け付けております。予約制ではありませんが、学会出席や急な出張で院長不在になる場合がありますので
できる限りお電話で希望日を問いあわせいただけると幸いです。主治医の先生の紹介がなくても診察いたします。
電話 075-821-1055 午前9時から12時  17時から19時30分 (木曜午後・金曜休み)


整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生方へ


メイプル動物病院では骨折や膝蓋骨脱臼や股関節脱臼,肩関節脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂、股関節形成不全、レッグペルデス、跛行診断など整形外科分野の紹介を受け付けております。

飼い主様に直接お話していただいて来院していただいても結構ですし、お電話いただいてお問い合わせいただいても結構です。
ただ最近患者さんがご自身で調べて来られたのかご紹介いただいて来られたのか曖昧な時があります。
できるだけ電話あるいはメールでご連絡いただけると助かります。

尚他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた時(電話・メール等)にはワクチン、フィラリア等予防等整形外科疾患の治療以外は行わず
他院様で予防や整形以外の治療をしていただくように患者様にお話しており、治療経過をあわせてご報告させていただきますので電話等で連絡いただきますと幸いです。


電話 075-821-1055 午前9時から12時  17時から19時30分 (木曜午後・金曜休み)
メール maypleisao_0531@yahoo.co.jp  24時間



by maple-hospital | 2019-07-05 21:21 | 前十字靭帯断裂
前十字靭帯断裂 1  TTA(脛骨前進術)
前十字靭帯断裂は犬の後肢、特に膝の疾患としては膝蓋骨脱臼の次に多い疾患です。猫でもまれですがみられ、関節鼠が併発していることが
多いように思います。
当院(院長・森)では前十字靭帯断裂の手術が1番と得意としているかもしれません。

大学を卒業後すぐに研修した病院では関節内人工靭帯(釣り糸)を装着していたり、大学の実習では中間式変法なんてのも習いましたが現在は全く行っておりません。

今回は中型犬・大型犬に適用するTTAの手術をご紹介します。中型犬や大型犬の前十字靭帯断裂は人工靭帯を使う方法は切れることが多く成績
が悪いためTTAやTPLOのできる病院で手術されることをお勧めします。
この方法は小型犬や猫でもできないことはないですがラテラルスーチャー法やスーチャーアンカーで
十分成績はいいと思います。ただヨークシャテリアはTPAが大きいためTPLOが適用になることもあります。


b0350282_23023299.jpg
b0350282_23030013.jpg
b0350282_23054200.jpg

b0350282_23092716.jpg
おぺ
b0350282_23103604.jpg




b0350282_23114165.jpg

b0350282_23300333.jpg


b0350282_23311385.jpg
オペ後のレントゲン写真



前十字靭帯断裂でお困りのときは受診してください。

メイプル動物病院では骨折や膝蓋骨脱臼や股関節脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂、レッグペルデスなど整形外科分野の紹介を受け付けております。
飼い主様に直接お話していただいて来院していただいても結構ですし、お電話いただいてお問い合わせいただいても結構です。


7月9日(土)と10日(日)は稲垣先生学会のためお休みで院長のみの診察になります。
診察は通常通り行っております。



by maple-hospital | 2016-07-01 23:32 | 前十字靭帯断裂